読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ubelll’s diary

音楽のこととか機材のこととか楽器のこととか色々

昔の恩師

考えること

中学の時うたを始めた。

小さな頃から人が苦手で、生まれて初めて親にやりたいと自分でいった。

最初の先生はゴスペルの先生であった。

その次の先生が本当にお世話になった、

西端幸彦先生だ。世界遺産などの曲を作曲されていました。

私が月謝を払えなくなると、受付の人と交渉してくれたり

私が教室をやめたあとも、大きなホールでのソロを任せてくれた。

色んな座布団をしいてくださった。

当時は私も甘く、甘く先生を裏切ってしまった形となったかもしれない。

昔は希望があった。

でもある事件をきっかけに私は滅亡へと音楽を連れて行くことになる。

けれど、そう道連れになってくれた

音楽は自分にとっては本当にかけがえのない存在で、どうにか明るい方向へ連れて行きたかったが身体が許さなかった。

先日たまたまフェイスブックで先生の名前をみつけ、そこに先生の何十年ぶりの歌声を聞き思わず涙した。

先生は変わっていなかった。私のことを覚えているだろうか。

私は何も恩返しができていない。

自分にとって音楽はなんだったのか。

事故で死にかけたときダンサーインザダークの、ように再帰まで歌と共に自分はいるのだと確信していたはずなのに、

それができなかった時の虚しさといったら、、!!!

 

再帰的近代化

再帰的近代化

 
再帰的思考法

再帰的思考法

 

 私はまだ生きている

できる事はなんなんだろうか

何かを変えなくてはならない

まぁ練習はひたすらやらなくちゃね、

 

即興演奏は難しい

タイトルの通りですが

即興演奏といっても色んな方法があると思うですね。人間って何でもかんでも自由より、ある程度の制限があったほうがそのなかで自由に泳げるものだと思うのです。

私はセッションしても、音楽をやるという信念のもと、

ただ音を出すという行為が好きではありません。あくまでリスナーがいて、結果自己満足になったとしても自分のフラストレーション発散のためにやっているわけじゃないからです。

音を選んで、適当にだす。

それが理想です。

誰でもできる、めちゃくちゃやればいいというのは違いますよね。

文化的じゃないということです。

私自身はもっと音楽の勉強をして、それを取り入れていきたいという気持ちです。

特にボーカルの場合は

あくまで持論ですが、

似たような形式が出来上がり、その型にはめるというようなパターンを見てきました。

でも、もっとシンプルにしたい。それが希望です。

音ももっと、もっと少なくていい

バンド編成5人いたとしても

一人ずつ枠が決まっていて、

ソロ回し、完全にジャズになりますが

出しっぱなし だけはしたくないです。

 

でもセッションは色んな人と出会える場所ではあるので大切にしていきたい。

 先日友人とスタジオに入ったとき、

昔の好きになった曲 スペインとかその辺。少しやりましたが、

そういった昔の自分に戻ることは大切だけれどもノスタルジーに浸りすぎるのはよくないと言われました。進化することを重要としているため、前のということに興味がないんですね。私もそうでありたいと願うばかりです。

フリー!

フリー!

 

 

ギグでした

イツロウさんの企画ギグに呼んでいただきました。

セッションとは違い、みなさん、曲をやろうとしてるのがよかったなと思いました。

歌に対して思うところがあり少し書きたいと思います。

もやもやしていたので。

それが少し抜けたという感じです。

沢山の人に出会い、色んな引き出しを身に着け、それをやって抜けるような根性は持ち合わせていません。沢山のものを取り入れることは大切なときもあるけど、答えを知ろうとするにはよりシンプルでなくてはいけません。

人に出会う事で、良いものも悪いものも見につきます。

こんな雰囲気とか、

これは哲学です。

先生と呼ばれる人たちも、独自のやり方で培ってきた技術があって教えるわけですけれど。それを教わるのはある意味危険なわけです。要らない癖まで見につくからです。

それから私の場合はかなり多くのセクハラに合いました。男性の先生に教えてもらう場合は注意が必要です。

本当に良い先生は、音楽の関係だけでいてくれます。そうしなければ、音楽を続けていけなくなるからです。バンドでの男女関係もそうです。本当に音楽が好きで、それを続けていきたいなら音楽だけの関係でいるべき。

音楽を守るために。 歌はいつもそこにあって、わがままで、答えてくれないときもあるけど、走る。森を抜けて走る。

答えはシンプルです。

自分はつくづくバンド人だと思う。

一人で演奏するのはつまらないし。

自分の空間をつくりあげ、それを見てもらうことで、何か感じてもらえるよう努力をする。ただの演奏じゃない。

何が大事かはとてもシンプル。

感じてもらうこと。

それが分かったような気がします。

とにかく自分は歌しかない。それは20年前に決めたこと。

使用動画12

こちらの動画で使用していただきました ありがとうございます。

www.nicovideo.jp

 

 

トランスゲート Video to DVD 2 簡単高品質DVD作成ソフト

トランスゲート Video to DVD 2 簡単高品質DVD作成ソフト

 
「伝わるデザイン」  PowerPoint 資料作成術

「伝わるデザイン」 PowerPoint 資料作成術

 
SLIDE MOVIES 写真でスライドショー動画編集・作成

SLIDE MOVIES 写真でスライドショー動画編集・作成

 

 

overtone

overtoneでアメージンググレースができないかと相談。

良いだしっぺなので練習してたら違うものができたよ 

 

 

 

OVERTONE

OVERTONE

 
Finding Your Overtone:  A Guide to Personal and Organizational Success (English Edition)

Finding Your Overtone: A Guide to Personal and Organizational Success (English Edition)